スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

初めてのマンモグラフィー

 2012-11-15
10月29日に初めてマンモグラフィーを撮りにいった。
私は、健康診断も人間ドックも嫌いでめったに行かないのだが、
なんだか左胸に違和感を感じたので、乳癌かもしれない・・、と。

一昨日、検査結果を聞きに病院に行った。

「マンモを撮るのは初めてなんですか?触診は?」
「はい、触診だけ2~3年前に人間ドックで受けました・・」
「何か、気になることがありますか?」
「なんだか、左胸が張ったような、凝ったような・・・」
「いつからですか?」
「つい最近です・・・1カ月ほど前から(あら・・・何かやっぱり異常が??)」
「何も映ってませんけど。異常ないですよ。また、来年も撮ってくださいね。」
「(それを先に言わんかい!!)」

あ~~、ほっとした。
なんといっても、父が大腸がん、母は肺がん、兄は胃がん、祖母は子宮がん
DNAには、癌の記憶がインプットされているのだ。
(という、規定はやめておいたほうが良さそう。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
病気は、何かのメッセージ・・・とよく言いますね。

人生の方向転換が必要な時、
今やっていることが、今の自分に相応しくない時、
深い意識では、それを解かっている。

でも、顕在意識ではそれが解からないので、
私達の賢くて愛に満ちた潜在意識は「病気やけが」という、
強制的な手段を使って、軌道修正を促してくれることが、あるようです。
(限られた体験の中での、個人的な感覚に過ぎません)

突然の病気や怪我になったときは、内側の感情や感覚をゆっくり眺めて、
自分と向き合う時期なのかもしれません。
でも、今までの自分が悪いとか、間違っているということではないのです。
人は常に、その時々に最高最善の選択をして生きており、
そのプロセスを通してしか、体験出来ない事を体験し成長しているのですから。

間違った生き方というのは、基本的にはないのだと思います。

病気になとる、苦しくて辛いのは当然のこと。
もし、友達や身近な人が、そのような体験をされているのなら、
その痛みや苦しさを、ただ優しく受け止めてあげてください。

いくら、あなたが心理のエキスパートでその人の心の構造を理解できたとしても、
「あなたは、まだ自分に向き合ってないからよ。」のような、
心ない言葉を投げつけるのはやめましょう。
求められない限り、心と体の相関関係の分析を押し付けるのもやめましょう。

悪気は無くても、その人が病気を糧に、次のステップに向かうためには、
何の役にも立ちません。
最初に必要なのは愛と受容。
その人が、自分を学ぶタイミンを信頼して待ち、
タイミングが来た時に、そっとサポートしましょう。

病気や、社会的な挫折など一見ネガティブな体験は、
自分の魂の願いを生きる千載一遇のチャンスでもあるのは、
多くの方が、体験から語っておられることですね。

健康にも、病にも、今ここに在ることにも感謝です。


父が亡くなった事で、つながりの縦軸が、プツンと切れた気がしています。
私にとって明らかに、一つの転換点ではありますが、
STOPする時期ではないことは確かなようです。
動きながら、感じ、変容していく。

自分が心から、楽しくて喜べること。
それが、だれかの喜びや幸せにつながること。
2013年は、やっていきます。
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。