スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

父の臨死体験?

 2012-02-29
父の臨死じゃなかった体験の話。

2月3日に、意識混濁状態の父を病院に運んでから、
意識不明4日間。
その後、一瞬目を開けウガウガ言ったが、また2日間の昏睡状態。

家族・親戚一同、「もうあかんで~~~」と思い、
「家に行ったら、よくコーヒーを淹れてくれはったのになあ・・・・」と、思い出を語る人まで出現。

ところが!
無事に生還し、1週間ほど前からお粥を食べれるようになりました。


あの4日間で、どこまで旅をしていたのでしょう。
お花畑見た? 綺麗な光見えた? 誰か迎えに来てた? 三途の川渡りかけた?
もし、生きて戻ることがあれば、聞いてみたいと思ってました。

今、言葉がちょっと不自由なのですが、
意識不明だった間の、自分の体験を語り始めました。

それは、夢としてじゃなく、実際の出来事として本人は認識している。

「すごい失敗したんや!雪を見るのも悪くないと思って、福井県に行ったんや。」(もちろん、行っていない)

「福井県にある会社に、鉄とコバルトの合金を作ってくれと頼まれた。
出来ると言うたんやけど、これがなかなか厄介でな~~~。なかなかうまく行けへん。」

「福井はすごい雪で、行きはまだ良かったけど、帰りに大阪駅で、バタ~~ンて倒れてん。」

「誰か助けてくれたん?」(と、私が聞く)

「わからん・・・。」 
大阪駅で倒れて、それから気が付いたら、病院に居たらしい。

「○○エが、助けてくれたんやと思う。なんか、そう思うねん。3回ぐらい、夢に出てきて、 怒ってた。」
 
(○○エ・・は一昨年他界した母の名)

どうやら、母に追い返されて天国には行けなかったようだ。
母も、しばらくは一人でゆっくりしたいに違いない。そらそうやわ~~~。


「雇用契約書を家に置いてるから、見といてくれ。担当の人の名刺あるから、
入院してるて、電話して。」  と、兄に言ったとのこと。
夢のなかで、どこかの企業と雇用契約を結ぶことにしたらしい。

兄は呆れて、 「90すぎた爺さんと雇用契約結ぶて、すごい会社やな~~~(笑)」 って。

お花畑にいけず、雪の中旅をし倒れて、おまけにまだこれから働こうとしているなんて・・・。
ま・・・、良かったというか・・・お気の毒。(笑)

若い頃の思いや習性、究極の場面で現れるのかもしれません。


東京の某病院では、長期療養のお年寄りを元気にさせる方法として、
こんなことをやっていて、効果があるらしいです。

女性にはお化粧をしてもらう。
男性には、名刺と鞄を持たせる。

女性のお化粧はいいような気がするか、男性の名刺&鞄ってなんだか淋しいな~~。(+_+)




スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。