スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

祈ります

 2011-03-15
しばらくの間、地震でフリーズしていました。

地震と津波で亡くなられた沢山の方々のご冥福を心よりお祈りします。
どうか光へと帰られますように。

今朝のテレビで、避難所からの中継です。

小学4年生の少女が、
「私は、すむ家も、食べるものも着るものも、家族もまだいない。(多分消息不明)
こんな事を経験して、いままで自分がどんなに幸せだったかということが、初めてわかりました。」
彼女は、まっすぐに前を見、しっかりした口調でそう言った。
無事ご家族に出会えることを、祈ります。

必死に自分を保っているその子を、そんな状況の子供たちを、
抱きしめてあげてください・・・・と思うけれど、みなさんが精一杯のことと思います。

時間の経過と共に大阪にいる私達にも、被災地で何が起こっているかが明らかになってきた。
だからと言って、今、何かをできるわけではない。
被災地の方々の体験や感情を、自分の事として、理解できるわけでもない。

ただ自分ができること、日本列島全体と被災地に向けてポジティブなエネルギーが届くよう、お祈りしています。
祈りが集まると、力になるように思います。

ところで・・・ 今朝のテレビを見て。
原発報道の記者の方々、いらいらするのはやめましょう。
記者会見で「資料を早くよこせよ!!」と、批判者の立場であなたが東電に怒鳴っても、
事態は何も好転しません。 エゴまるだしで、カッコ悪~~~!とさえ思います。
何も出来ないなら、少なくともネガティブエネルギーを拡散させるの、やめましょう。

ポジティブな感情や言葉は、相手からポジティブなものを引き出すし、
ネガティブな感情や言葉は、相手からネガティブなものを引き出します。
これは、だれでも日常体験していること。

阪神大震災の時の記憶が蘇ります。
関西でも、いつ何があってもおかしくありません。
想像して、怖がっていても、安心していても、天災は防ぎようがない。

ならは、この瞬間は「安心」という感覚を選んで、生きることにします。



スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。