スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

伝統太極拳・陳式二路

 2011-11-15
陳式太極拳の二路。
表演は、雷慕尼(Lei mu ni)老師です。

本来の太極拳はこのように、太極がある。勁力がある。 
雷慕尼老師の風格は、大好きです。周元龍先生にも似ています。

高齢になられてから、記録用にわざわざ撮られた映像のようです。
御高齢ですから、姿勢は高くしておられますね。

これを見て、ふ~~ん・・と思うか?
いいなあ~~と思うか。

感性、感覚が、それぞれの太極拳を創ります。

http://www.youtube.com/watch?v=CPYtoFllHy8&mode=related&search=


骨董品の真贋を見分けるには、まず質の良い本物を沢山みること、
と聞いたことがあります。

日本では、良い太極拳を見る機会がほとんど無くなりました。
残念です。


高齢の方々をターゲットにに、健康体操の二十四式太極拳が、
日本でどんどん広められ、体に良いからと真面目に練習しておられる、
それなりに整っていてるが、硬い太極拳を見ると悲しいです。

規格が正しくても体が緩んでいないと、エネルギーが滞ってしまいます。
そもそも、習った動作規格の合理性はどうなのか?

高齢になってから始める運動に、太極拳は向いていないと思います。
他にもっと、適した運動が・・例えば、誰でも知ってるラジオ体操の方が、いいのでは。

中国でもお年寄りが、公園で練習していますが、
あれはあれで良いのです。
形はむちゃくちゃでも体は緩んでいるから、それなりに気は流れる。

文化の違いかな。


スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。