スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

過去の記憶から学ぶもの~松本東洋さんのヒプノセラピーを受けました~

 2013-02-06
松本東洋(はる)さんは、日本におけるヒプノセラピーの草分け的存在です。
2月1日~2月5日、大阪にお招きしてヒプノ個人セッションと、
ワークショップ「自分の本質を知る」を開催させて頂きました。

はるさんの、自然で枠のないあり方に私達は「森の精霊」と
呼んでいます。一緒にいると、ゆるゆると心が緩む心地の良い方です。

ワークショップのことは、また改めて書きたいと思いますが、
はるさんのシンプルかつ、とっても腑に落ちる言葉やワークに、
私はうんうんと、うなっておりました。

2月1日は、ヒプノの個人セッションを受けさせていただきました。

私は無意識レベルのことに興味がり、10年ほど前に、
7~8回はヒプノセラピーを受けたことがあるので、
またぴったりくるタイミングと、出会いがあれば、
ヒプノセラピーを受けたり学びたいと、思っていたのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下、私のびっくりヒプノセッションの体験記。

はるさんの、ゆったりとした誘導がはじまり、体がどんどん緩み
深い潜在意識へと誘われていきます。

野原に行ったり、雲に包まれたりしながら、年齢退行をして行きます。

30歳・・・20歳・・・10際・・・・・
そして、今の自分に大きな影響を与えている体験をした所まで遡る。
3歳の病気で寝ている自分が現れました。
その時の気持ちから、今の自分に繋がるものを見つけ、
感情や感覚をモノとして表し、イメージでの書き換えも行います。

潜在意識は、実際のこととイメージの区別が付かないので、
イメージを変えることは、体験を変えるのと同じなのです。

更に年齢退行し、母のお腹の中まで遡ります。
母は、妊娠を気づいていたか?
胎児である自分と、私を宿した母の感覚や感情を感じていきます。
生まれる直前の感覚。
「早くここから(お腹の中から)出ていこう。
だって、そのほうがみんな都合がいいでしょ。」
そんな言葉が出てきます。
「ほんとうは、もう少しゆっくりしてたかった・・・・」

無意識のうちに、人の都合を優先させそうになる、私の行動傾向の
源泉です。そして、自分の都合も大切にする・・・という選び直しをしました。

そして、いよいよ過去世へと遡ります。

「何か見えますか?」
「木がいっぱいある」
「生えている木?それは森なの?」
「森じゃないけど・・・、」
「あなたは何をしてるの」
「歩いてる・・・・」
30歳ぐらいの女性で、肌は黄色い、でも日本のようでもない。

「ただ歩いているのかな?何かを探している感じ?例えば薬草とか・・・?」
「・・・・・探していない・・・」
「海に行きたい・・・」

何かこのイメージ、自分で作ってる??
はっきり見えないし~~。あ~~思考が働いてしまう。
そんな事を、片隅に残った思考は考えているのに・・・・

「海に行きたい・・」という言葉を口にした瞬間に、
感情と咳と涙、嗚咽が溢れてきました。
胸がドキドキし、呼吸が乱れます。
自分でも、自分何が起こっているのか訳がわかりません。

それは、私がず~~っと溜め込んできたものなので、出していいと
セラピストのはるさんが言うので、私はますます激しく泣きます。

「何があったのですか・・?」
「海が荒れて、みんな死にました。津波やら・・・漁に出た人も死にました。」
「私は祈るひと、シャーマンなんです。私が祈ったのに、祈りが届かなかった。
亡くなった方々に、本当に申し訳ないです。」

灰色の海が、眼下に広がっています。

感情が溢れて止まらないので、
はるさんが、ハイヤーセルフに助けを求めてくれました。
それは、どんな学びのための体験だったのか、メッセージをくださいと。

魂の変遷。自然の流れ。
私の祈りが足りなかったせいではない。
コントロールを手放し、委ねなさい・・・というメッセージが来ました。

そういうと、私は状況をコントロールするのが好きです。
自分の力を介入させて、物事をまとめるとか、スムーズにとか、
成果を出したいとか。それで、自分の存在を確認しているのだと思います。

でも、100%の満足なんてあるはずもなく、
やっぱり力が足りないとか、能力が足りないとか、熱意が足りないとか、
もっと私が○○ならば・・・と、自己否定にいってしまいます。

3次元で、体験しがちなパターンだと思うのですが、
手放す、委ねる。が、今のキーワードなんだと改めて思いました。

ところで、こんなことは、ヒプノセラピーを受けなくても、
知っているし気づいている訳です。
腑に落ちる瞬間も、きっとあるでしょう。

ただ、細胞レベル?に残る記憶に伴う
体に溜まった感覚を解放することは、ヒプノならではと思います。
それこそが、現実を左右するのではと私は思います。
体というのは正直で、そのまま心とつながっているのです。

ここ2~3年の間に浮上してきた胸のあたりの、
もやっとした感じは、この時を待っていたのだと思いました。

軽くなり、眠くなり・・・体と心が整ったように思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
松本東洋(はる)さんの大阪開催ワークショップとセッション予定

4月集中のヒプノセラピスト養成スクール
 松本東洋さんのオリジナル・スキルや、日本人向けに開発された
 独自のスキルをお伝えする、他のスクールでは学べない内容です。
 通常ヒプノセラピーを学ぶには、長時間と高額がかかりますが、
 シンプルに5日間でお伝えします。

 詳細とお申込みはこちらへ⇒
http://kokucheese.com/event/index/58445/

●4月22日(月)にはるさんの個人セッションがあります。
 ご希望の方はご連絡ください。(定員3名)

●6月:ボディーとヒプノのコラボワークショップ2日間
 *ヨガをされるはるさんおすすめのボディーワーカーとのコラボレーション

●はるさんの「夫を教育しなおして自由を手に入れようワークショップ」
(5月以降に開催予定)

はるさんと草木さんの、シタール&クリスタルボールとの
コラボ・ワークショップ

詳細が決まりましたら、随時ブログへアップしていきます。
メルマガに登録いただけるとイベント情報が届きますので
どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
タグ :

沖縄の聖地で究極の自己発見

 2012-10-14
4月から準備を始めた沖縄聖地ツアー、とても楽しい旅となりました。

私にとっての学びの一つ目は、「コントロールを手放す」こと。
心配しないで、心をオープンにし、委ねたことほど上手くいき、
予想外の幸運がいつも用意されていました。

何年も前から、このメンバーで金城初子さんと共に、
沖縄の聖地を巡ることが決まっていたんだな~。と思うほど、
メンバー一人一人が、人生の中で今しかないと思うようなタイミングや、
気づきがあった旅でした。

不要なものを落とす必要があったのか?
みなさん、落し物されました。パンやら、帽子やら、ペンやら・・・
私、那覇空港で、いきなりスーツケース落としました。(置き忘れた・・・)

全員、地元のご縁を感じる神社にご挨拶の参拝を
してからの沖縄の聖地巡りです。
「沖縄の聖地で、私に必要な学びをさせてください。」

ファイルの整理も出来たので・・・、
4日間を振り返りました。


<1日目>斎場御嶽
琉球創世の神、アマミキヨが作ったとされる由緒ある聖地。
かつては、男子禁制であった。



6ヶ所あるウタキ(拝所)のひとつ
それぞれ違ったエネルギーを感じました。

最初、私達は神社に参拝するように、立ってお祈りを始めたのですが、
金城さんが、「ゆっくり祈らせて下さい」とガイドさんに言われ、
座ってお祈りを始められました。
で、私達全員、地面に座って祈りを捧げました。
「その時に心に浮かんだことを祈ってください」



ウタキから眺める海

<2日目>美ら海水族館⇒古宇利島

お魚から左手でエネルギーもらいました


古宇利島の海

古宇利島大橋を渡って、古宇利島へ。周囲が8キロの小さな島。
橋の入口の右側には女性性を象徴するモニュメント、
左側には、男性性を象徴するモニュメントが立っています。

不思議な事に、バスに乗っていても、右側の海からくるエネルギーと
左からくるエネルギーは違っていました。

この島には沖縄版アダムとイブのような、人類創生の神話があります。

昔、この島に、男の子と女の子が天から降ってきた。
二人は、毎日天から降ってくる餅を食べ、幸せに暮らしていたが、
あるとき、「もし、餅が降ってこなかったらどうしよう・・・」という、
疑いや不安にとらわれ、餅を少しずつ貯めるようになった。
そうすると、餅は降らなくなり、いくら二人が泣き叫んでも、
二度と餅は降らなかった・・・。

「恐れを手放し、感謝とともに用意されている豊かさを受け取りなさい」

浜辺で、自分の居心地の良い場所に座っていると、
この場に導かれた事への感謝や、
今の自分が、すでに充分だということを感じ、
もう、心がいっぱいになりました。

<3日目>久高島


久高島の海 
水平線の向こうのニライカナイから、神様がやってくる伊敷浜


伊敷浜のウタキ(拝所)

五穀発祥の地である、伊敷浜のウタキで祈った後、
浜辺で祈りました。何故か、涙溢れる。
神様が、ぐわ~~~んと、水平線からやってこられる。
神々しさに、圧倒されました。

浜辺に白装束で座り、海に向かって祈る、
女性達のイメージが湧いてきます。



ラッキーなことに、偶然、バスの運転手さんのアドバイスで、
「那覇大綱挽きまつり」にも参加でき、全力で綱を引きました。
無病息災のお守りとして、枝綱を、旅のメンバー全員がいただけました。
聖地ツアーメンバー、みんなパワー溢れていました。

<4日目>首里城⇒玉御殿

首里城

美味しかった~~。沖縄の食事は優しい。

沖縄では、いたるところで、女性性と男性性の統合という
テーマが浮かび上がりました。

金城初子さんと触れ合う中で、
あんなに自然に、女性として在ることは、
なんて美しく、気持よく、人の心を柔らかにするのだろう・・・と思いました。

が、しかし、女性性とか、ジェンダーとか、私にはあんまり関係ない。
女性性の否定って???
男性社会を生きてきたわけだから、影響は受けているが、
結構うまくやってきた。
女だからと特に損した覚えもないし、抑圧された経験もない・・・。

と、そう思ってきたのです。

沖縄旅行が無事終わり、事務局としての責任からも解放され、
伊丹空港で、お茶をしていた時に。
突然それは、やってきました。

女性性を表現することを、恐れて生きてきた・・・・。
ということに、気づく流れに乗ってしまったのです。

大きな問題や、困難が何もなかったので、
いいかえると、大きな困難や問題を体験できないほど、
そのことは、私と同化していたのだと思います。

子供のころから、どのように、それは私の信念に張り付いて行ったのか?
沖縄から帰った、翌朝に気づくことができました。
気づきは、手放し。
沖縄の聖地の神様や、一緒に旅した仲間のエネルギーに後押しされ、
2012年の気づきと手放しのプロセスは、速いです。

落としたスーツケースの分以上に、
大きな観念を落とすことができました。

女性性の抑圧から解放されることは、
自分を100%、表現すること。
自分を制限せず、もっと自由に、可能性の中で生きれると思います。

聖地と皆さまに感謝!!
タグ :

帰って来ました・金城初子さんと沖縄の聖地を巡る旅

 2012-10-10
10月5日~8日「金城初子さんと沖縄聖地を巡る旅」から、帰って来ました。

本当に楽しい旅でした。 晴天に恵まれました。
主催側としては、少し心配だったスケジュールの事も、
すべてが奇跡的といえるほど、スムーズに流れました。

ラッキーな事が重なり、
信頼し、コントロールを手放して委ねると、
こんなにもうまく事が進んでいくのだ ということを、実感できました。

ゆっくりと時間をとって、祈りました。
沖縄の聖地のエネルギーは、私達を受け入れてくれていると感じました。
沖縄の方々の波動は本当に柔らかで、優しかったです。

言葉にならない、たくさんの感動と気づき。
何をどう書いて良いのやら・・・・・。

イシキ浜の海岸。神様が、ニライカナイからやってきます。
この海岸に立って、水平線を眺めると涙があふれました。


 
タグ :

姫路城、そして寶珠先生

 2012-09-23
一昨日の金曜日は、AKOちゃんと姫路に行きました。
寶珠先生と、来年開催のセミナーや個人セッション等の
打ち合わせのためです。

アポイントメントの時間は午後でしたが、ちょっとした遠足気分で、
午前中は姫路城に行ってきました。
お天気がよく、爽やかでとても気持ちの良い日。

姫路城は修理中ですが、「天空の白鷺」という、姫路城大天守閣の
修理見学施設があり、普段は下から見上げる天守閣を、
目の前に見ることができました。

姫路城
修理中の姫路城。天守閣の絵を書いたカバー面白い。
修復中の天守閣
一番上の屋根です。
天守閣の修復
瓦に漆喰を塗っているところ。
鯱鉾
鯱鉾です。すごく大きい!

見学中の、中学生の団体と遭遇。
「なんで建物の中にお城あるの?」って先生に聞いてました・・・。
子供の発想の豊かさ、面白い!

その後、姫路駅近くのカフェで、寶珠先生とお話しました。
会話の中で、スピリチュアルな能力の研ぎ澄まされた方も、
3次元の自分の生活では、悩みや学びがあると知って、
なんだか親近感湧きました。

「みんな一緒やな~~」って。
何かを体験するために、地球に生まれてきたんだから、
あたりまえではあるのですが。

初めて自分の特別な能力に気づかれた子供の時の事や、
興味深い体験談をいろいろ伺っている最中、
寶珠先生の目が、突然私のブレスレットに泊りました。
私が手から外してお渡しすると、手にとられて、
瞬時に「石のリーディング」のモードに入られました。

予期しない流れに、私はびっくり!!
石を通してメッセージを伝えてくださいました。

「神話の世界に導かれます。」
その他、いろんなメッセージが、ほとばしるように・・・。

思い当たることが沢山ありました。
「失ったものを数えるのはやめて、未来を見なさい。」
「お導きが来ています。すでに道がひらかれています。」

はあ~~~?どこに導かれるのでしょうか??
思考を手放して、流れに任せることにします。

来年、大阪で寶珠先生のセミナーを開催する予定です。
自分自身の思考、人からの想念、人混み、ネット電話から受け取るもの、
私達は、日々、様々なエネルギーの中で生活しています。

ネガティブなエネルギーから身を守り、浄化する方法を教えていただきます。
本ではちょっと学べない、コアな内容になりそうです。
タグ :

怒涛のような流れの中で

 2012-09-16
8月はあの猛暑のなか、心も体もどんよりし、全てが停滞していたのに、
9月に入ってから、エネルギーが変化し怒涛のような流れの中にいます。

一緒に活動しているAKOちゃんも、私も、びっくりしたり、喜んだり、
日々、テンション上がりまくりです。
「地球と愛をつなぐプロジェクト」の、今後の企画がどんどん具体化
し、今年12月の土日は、様々なイベントで既に一杯になりました。

今日は、珍・Kさんのご紹介で、ジュネシーンさんに初めてお会いし、
潜在意識活用のセミナーや、個人セッションを来年3月に企画させて
いただく流れになりました。

ジュネシーンさんはとてもパワフルで、魅力的な女性。
「潜在意識の理解で、沢山の方を幸せに!」
という、生き生きした気持ちが伝わってきます。
ANAホテルティールームでの、楽しい2時間が過ぎました。
ジュネさんの潜在意識解読の個人セッションは、募集してから15分で
満杯になるとか。

松本東洋さんのヒプノセラピストスクールや、
山川紘矢・亜希子ご夫妻のワークショップも、
2013年には、開催の予定です。


流れ
今日はついに、イギリスにスピリチュアルツアーをしようという案も、
実現可能な見通しで、浮上しました。

つないで下さった方々、ご縁を頂いたスピリチュアルリーダーの方々、
そして、こういう流れを創って下さっている目に見えない存在に
本当に感謝しています。

流れに委ねて、今、やるべきことをやっていきたいと思います。

イベントやワークショップの企画は、私達にとって「お楽しみ」で、
始めました。なので、仕事ですか?と聞かれると、「趣味です~」と、
お答えしていました。

先日、大学時代のマンドリンクラブの先輩から電話があって、
「マンドリンアンサンブルのメンバーになってくれへんか~?」と、
お誘い頂きました。練習日は、日曜日とのこと。
即座に、「すみません、私、休日は仕事が忙しいですから~」って、
お断りしていました。
「仕事」って言葉が、思わず自分の口からでたのが可笑しいです。

プログレスの月が、山羊座に入り私は最近お仕事モードです。
楽しみながら、やっていこ~~。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。