スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

宇宙生命論

 2012-07-13

「宇宙生命論」という本を読みました。

宇宙はビッグバンから始まった。
といわれても、なんでそんな爆発が起こったん?
爆発の前はどうなってたの?と、思います。

宇宙の始まりを見た人は、誰もいないので、
あくまでひとつの説ではあるのですが、なんだか納得で、共感しました。

宇宙は、「気」そのもの。
そして、渦運動である。
人の体のエネルギーの流れとも、一致しています。

そして、
私達の「心と記憶」は、地球が生まれる前から存在し、
それは地球を取り巻く磁場にあり、こちらが私達そのもの。
これが自分と思っている肉体は、「高性能のセンサーロボット」。

心は肉体とつながることで、体験をしている。
肉体が死んでも、磁場圏にある心は不滅なので、
この世での経験や体験は一切無駄がない。

磁場圏に存在する私達の心は、叡智そのものであり、
ハイヤーセルフとも、神とも言えるのだと思います。

要するに、ハイヤーセルフ(神)は、手足を持たないので、
私達(体)は様々な体験をし、ハイヤーセルフに情報(体験)をインプットし、
ハイヤーセルフからは、その体験から蓄積された叡智を
アウトプットしてもらうという、循環が起こっているのだと思います。

昨日は、ヒーリングピアニストのmukobuさんと、
私達の、マインドフルネス&ハイヤーセルフ瞑想との
コラボセッションを、天王寺区民センターの
音楽室で開催させていただきました。

ピアノの音色はとても心地よく、時間の感覚がぶっとびました。
ハイヤーセルフと、ビジュアルで会ったかたはもちろん、
眠ってしまったように感じても私達の無意識は、
ハイヤーセルフと繋がっていたと思います。

あとから、何か気付きがやってくることもあるし、
自然と変化がおこるかもしれません。

私は、3日前に亡くなった伯母と会いました。
2年前に亡くなった母も一緒でした。
二人とも、にっこり笑っていました。

心が永遠のものでいつも、同じ磁場圏にあるならば、
私達は自由に、いつでも会うことが出来ているのです。

ヒーリングピアノとのコラボセッションの様子は、
また後日アップします。

宙生命論/ナチュラルスピリット

¥1,260
Amazon.co.jp

スポンサーサイト
タグ :

4つの約束~The four agreements

 2012-05-18
ドン・ミゲル・ルイスの「4つの約束」読んだのは、
もうだいぶ以前のことです。

この本は、知らないうちに環境からインプットされていた、
思考の枠組みや、自分のパターンに気づき、
自分の選択で、手放せる事を気づかせてくれます。

たまたま良い本を見つけたと思っていたのですが、
「神との対話」を抜いてスピリチュアルな分野では
全米でベストセラーとなったそうです。

人生を楽しく、より良く生きるのに大切と思われる事が、
とてもシンプルな、4つの約束(Agreements)として、
まとめられています。

私達は、自分を制限するようなこと、
それは、自分が住む社会の常識であったり、
親や他人から見た私達の姿・・というものに、
気づかないうちに、同意(Agreements)を持っているのです。

それは、本来の自分でないので、居心地悪いです。
なので、新しいAgreementsを自分自身と結んでよい。

お母様方も、学校の先生から、
「あなたのお子さんは、○○○○な子供で、困ります~。」
みたいな決めつけをされても、信じないで下さいね。
信じると、そのようになるので、個性や将来をぶち壊します。

私も、もうちょっとでぶっ壊れるところでした・・。
え??すでに壊れてる。ま、価値観は様々ですから・・・。(^^♪

読みやすく、面白い本です。
スピリチュアル臭くなく、現実に根差しているところ好きです。

1.正しい(罪が無い)言葉を使うこと~Be impeccable with your word~
   言葉は創造の種、豊かな土壌(心)に相応しい言葉の種をまく。
   ポジティブな言葉は意識的に使うけど、
   ネガティブな言葉は、無意識で使ってしまいます。(*_*)
    
2.何事も個人的に受け取らないこと~Don't teke anything personally~
   誰かが何を感じ、発言しても、それはその人の信念のシステムから生まれたもの。
   自分とは関係がない。 
   人から貼られたレッテルは、その人の反映で自分のものではありません。  
   
3.思いこみをしないこと~Don't make assumptions~
   明確なコミュニケーションで、人や自分自身に対する
   思い込みから生まれる葛藤を手放す。
   「メールの返事が来ないのは、きっと○○だから・・・」
    なんて思いこみよくします。

4.つねにベストをつくすこと~Always do your best~
   ベストな状態は、その瞬間、瞬間で変化する。
   無理をすることではなく、今、自分が出来る事をすること。
  
 今ここでの、最高最善を生きていることを実感すればOK。



ヒーラーの母、ナワール(シャーマン)の祖父に育てられ、
メキシコ南部の伝統的な「トルテック」の教えを伝える事を
期待されたが、彼は現代医学を学び外科医となった。
その後、交通事故による臨死体験で、人生観が変わりナワールとしての
人生を選択する。

四つの約束

タグ :

禅的生活

 2012-05-10
昨夜、「スミスの本棚」で紹介されていたのは、
玄侑宗久氏の「禅的生活」でした。

あ、私はまだ読んでいません・・・。

その中の言葉、「可もなく不可もなし」を、
「特に良くも無く悪くもない、平凡・普通である・・・」
というふうに、理解していたが、
禅的には、「自分の可能性は無限にあるのだから決めつけてはいけない」
という、意味だそう。ふ~ん、そうだったのね。

それが、「可」であるか「不可」であるかなんて、
やってみないと解からないのは、「今・ここ」からスタートすると、
当然の事ですよね。

決めつけたり制限をかけるのは、子供の時から環境から吸収した、
例えば、「私はこんなもの」、「世の中は・・・」、「正しい事はこう・・・」という、
思いこみや、固定観念。

それは、個人~国家レベルのものまで様々と思う。

固定観念を手放せば、未来に無限の可能性を開くことができる。
もちろん、それは「可」であるか「不可」であるか、
やってみなければ、わからない。

ふ~ん、自由な感じがして手放すっていいやんか~と。
「固定観念」手放そうとすると、おそらく、抵抗が起こります。

私、何度も経験あり。今も、真っ最中かも??

恐れ、不安、罪悪感。

その根っこはなんなのでしょうか?
見ていく価値はありそうです。


・内側に入り、自分の持つ制限をみていく。

・未来にフォーカスし、行きたい方向を見ることで、明らかになる。
 

のではと思います。

<テレビ東京のワールドビジネスサテライトの「スミスの本棚」>
いろんな分野で個性的に活躍している方々が、
リレー形式で、自分の人生に影響を与えた
一冊を紹介していくというコーナーです。

禅的生活 (ちくま新書)/玄侑 宗久
¥798
Amazon.co.jp
 
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。